ホーム‎ > ‎Building Blocks‎ > ‎

Dialogs

ダイアログ


ダイアログは、タスクを続けるのにアプリに必要な判断や追加情報をユーザに示します。シンプルなキャンセル/OKの決定から、設定の調整、テキスト入力のような複雑な処理をユーザに要求することもあります。

デベロッパードキュメント
Dialogs


  1. 任意のタイトル領域
    タイトルはダイアログの内容を紹介します。それにより、ユーザに変更しようとしている設定の名前を伝えたり、判断をリクエストできます。
  2. コンテンツ領域
    ダイアログのコンテンツには様々なものが含まれます。設定ダイアログとしては、ユーザがアプリやシステムの設定を変更するためのスライダー、テキストフィールド、チェックボックス、ラジオボタンなどの UI コンポーネントが含まれるかもしれません。アラートなどの場合では、ユーザの意思決定のための詳細な情報を提供するテキストのみが表示されるかもしれません。
  3. アクションボタン
    アクションボタンは一般的に、キャンセルとOKの両方、もしくは一方のみからなるボタンで、OKは操作の肯定、もしくは基本アクションの動作を表します。ただし、これらのオプションが「閉じる」や「待機」のような特定のアクションから構成される場合は、コンテンツで説明されたアクションの確認やキャンセルではなく、全てのボタンを閉じるや待機などの動作で表すべきです。アクションは次のようなルールに従います:
    • ダイアログの否定アクションは常に左側に配置します。否定アクションはユーザを以前の状態に戻します。
    • 肯定アクションは右側に配置します。肯定アクションは、ユーザが目的を達成するための処理を続けるために、ダイアログのトリガーになります。

 
Androidの標準的なダイアログ使用例

アラート

アラートは、作業を続行する前に確認をとったり、承認を要求している状況をユーザに伝えるシステムです。伝えられるメッセージの重大さと影響度により僅かに見た目が変化します。

タイトルバー無しアラート
ほとんどのアラートにはタイトルが不要です。一般的に判断によって大きな影響が出ることはないため、内容について、1、2文で簡潔に要約できます。コンテンツ領域に表示されるテキストは、質問(「この会話を削除しますか?」など)や、アクションボタンに明らかに関連する文章でなければいけません。

タイトルバー付きアラート
タイトルバー付きアラートの多用は避けてください。データ消失、接続、追加料金等のリスクが高い操作の時に限り、適切・明確な文章・タイトルを示し、コンテンツ領域に追加の説明を加えてください。

質問や宣言を短く保ってください。例えば、USB ストレージを消去しますかと言うように、質問や文章は短くしてください。弁解は避けてください。ユーザはすべての内容を読むわけではないので、アクションボタンのタイトルやテキストに基づいてどんな選択が利用可能かはっきりと理解できるようにすべきです。

確認ダイアログを作る際には、要求されたアクションを繰り返すことでタイトルをより明確にしてください。

×してはいけない
よろしいですか?
×してはいけない
警告!
○してよい
USBストレージを消去しますか?

ポップアップ

ポップアップはユーザに1つの選択を要求するダイアログの軽量版です。ポップアップは操作を承認やキャンセルする明確なボタンを持つ必要はありません。代わりに、選択することで処理を進め、ポップアップの枠外をタッチすることでダイアログを消します。

トースト

トーストは、小さなポップアップで操作について軽いフィードバックを提供します。たとえば、メール送信前にその画面を離れると、後ほど継続して編集できること知らせるために、「下書きに保存しました」というトーストを表示します。 トーストはタイムアウト後自動的に消えます。

デベロッパードキュメント
Toasts




原文はこちら > Dialogs

Except as noted, this content is licensed under Creative Commons Attribution 2.5. For details and restrictions, see the Content License.

Comments