ホーム‎ > ‎Building Blocks‎ > ‎

Text Fields

テキストフィールド


テキストフィールドは、アプリ内でユーザがテキストを入力することができる場所です。フィールドは1行もしくは複数行のいずれかを指定できます。テキストフィールドをタッチすると、カーソルを配置し、自動的にキーボードが表示されます。テキストフィールドでは単純な入力のほかに、テキストの選択(カット、コピー、ペースト) や、オートコンプリートを使用したデータの検索のような他の様々な動作が可能です。

デベロッパードキュメント
Text Fields


1行と複数行のテキストフィールド
文字入力カーソルが入力フィールドの右端まで到達すると、1行のテキストフィールドではコンテンツが自動的に左にスクロールされます。複数行入力可能なテキストフィールドではカーソルが下端に到達すると、自動的にオーバフローテキスト用の新しい行がつくられます。

テキストフィールドタイプ
テキストフィールドには数値、メッセージ、Emailアドレスなどの、様々な入力タイプがあります。入力タイプによりフィールド内で使用される文字の種類を決め、頻繁に使用される文字に合わせて仮想キーボードのレイアウトを最適化することもあります。
オートコンプリートテキストフィールド
リアルタイム入力の補完や検索結果をポップアップ表示するオートコンプリートテキストフィールドを使うことで、正確かつ効率的な情報の入力を補助できます。

テキスト選択

テキストフィールドの長押しで任意の単語を選択できます。このアクションにより選択範囲を広げたり、選択したテキストに対するアクションを容易に選ぶことができます。選択モードには以下のものが含まれます。

  1. コンテキストアクションバー
    コンテキストアクションバー(CAB)は選択したものに対してを実行できるアクションを表示します。通常は、カット、コピー、ペーストですが、アプリは必要に応じて追加のコマンドを挿入することができます。
  2. 選択ハンドル
    選択モードの間。選択ハンドルはドラッグにより選択するテキストを広げたり狭めたりできます。



原文はこちら > Text Fields

Except as noted, this content is licensed under Creative Commons Attribution 2.5. For details and restrictions, see the Content License.

Comments