ホーム‎ > ‎Get Started‎ > ‎

Design Principles

設計の原則


これら設計の原理は、ユーザへの利益が最も大きくなるようにAndroidのユーザエクスペリエンスチームによって、およびそのチームのために開発されました。創造性やデザインの思考を適用する際には、設計原理を考慮して開発してください。原則からはずれる場合は、意図を持って原則から外れてください。

魅了する

意外な方法で楽しませる
美しい画面や注意深く配置されたアニメーション、タイミングの良い効果音はユーザに喜びの体験を与えます。これらの繊細なエフェクトはユーザに操作の簡単さや強い力を手中に収める感覚を提供します。
リアルなオブジェクトはボタンやメニューよりも楽しい
アプリ内のオブジェクトを直接触れて操作することができます。このため直感的に作業を進めることが出来るだけでなく、気分よく作業を進めることができます。
自分なりにカスタマイズが出来る
人は気持ちよく操作するために、自分なりにアプリをカスタマイズすることを好みます。実用的な美しいデフォルトを提供することは重要ですが、主要な作業を妨げない内容で、カスタマイズするオプションをユーザのために実装することを検討してください。
私について知ってください
ユーザの好みをアプリケーションに学習させることが重要です。同じ選択肢を常に表示するのではなく、ユーザが過去に選択した項目が手前に表示されるようにしましょう。

生活をシンプルにする

簡潔にする
シンプルな言葉で短いフレーズを使用します。ユーザは長い文章を読み飛ばすかもしれません。
画像は言葉よりも早く伝わる
アイディアを説明するために画像の使用を検討してください。画像は注目を引くだけでなく、言葉よりもはるかに効率的に物事を伝えます。
私に選択権を、ただし取り消しを可能に
ベストを尽くしてユーザにとって良い選択肢を推測し、ユーザに尋ねる前に実行してください。あまりに多くの選択肢や決定はユーザを不幸にします。しかし決定を間違っていた場合に備えて「元に戻す」を可能にしてください。
必要な時に必要なものを表示する
一度に多くのものを見せるとユーザは圧倒されます。作業や情報を小さく分割し、処理できるサイズに落としましょう。オプションが不要であれば隠しておき、必要なときにユーザがタッチすることで表示できるようにしましょう。
何をしているのかわかりやすくする
ユーザが今どのような操作をしているのかひと目でわかるようにしましょう。アプリ内の各画面が別々に見えるようにし、それぞれの画面間の関係をトランジション(アニメーション)で示してください。進行中のタスクについてのフィードバックを与えてください。
私のものを失くさないでください
作成に時間がかかったファイル・設定を保存し、どこからでもアクセスできるようにしてください。携帯端末・タブレット・コンピュータ、いずれの端末からもファイル・設定を共有出来るようにしてください。それは情報のアップグレードを極めて簡単なものにします。
同じように見えるなら、同じことをする
ビジュアルではっきり機能の違いを区別できるようにしてください。同じような表示にもかかわらず、同一の入力に対して異なる振る舞いをする機能の実装は避けましょう。
重要な場合のみ割り込む
良い秘書のように、重要でないタスクからユーザを遠ざけましょう。集中したい時の割り込みは、重要で時間的に大切なことでない限り、ユーザをイライラさせます。

驚かせる

どこでも動作するトリックを与える
人は自分自身で物事を理解する時、最高の気分になります。他のAndroidアプリと視覚的・感覚的なパターンを共有することで、アプリについて学習することを簡単にしてください。例えば、スワイプジェスチャーは優れたナビゲーションショートカットです。
私の失敗ではない
修正する方法の通知を穏やかにしてください。人はアプリを使う際に、スマートさを感じたいと思っています。問題点について明確な回復方法を示す際も、技術的な詳細を示すのは控えてください。バックグラウンドでの修正が可能ならそうするべきです。
励ましを散りばめる
複雑な作業は達成が容易な小さなステップに分けてください。小さな成果であっても、行動にフィードバックを与えてください。
ユーザにとって複雑な作業を簡単に
初心者ができるとは思えない事を可能にすることで、自分がエキスパートであるかのような気分にさせてください。例えば、複数の写真のエフェクトを組み合わせるショートカットは、ほんの数ステップでアマチュアの写真が素晴らしく見えるようにします。
重要な事項へのアクセス
すべての項目の重みは同じではありません。アプリ内で何が最も重要なのか決め、それを簡単に探せて、素早く使えるようにしてください。例えば、カメラのシャッターボタンや音楽プレイヤーの停止ボタンです。



原文はこちら > Design Principles

Except as noted, this content is licensed under Creative Commons Attribution 2.5. For details and restrictions, see the Content License.

Comments